哀愁 / WATERLOO BRIDGE

aisyu

1940年 アメリカ
監督:マーヴィン・ルロイ
出演:ヴィヴィアン・リー/ロバート・テイラー/マリア・オースペンスカヤ

ヴィヴィアン・リーの映画で最も素晴らしいと思った映画で、 屈指の恋愛映画と呼ばれ続けている古典的純愛メロドラマの名作。 彼女も美しく、「風と共に去りぬ」よりもこっちの映画のほうがいい。 戦時中の恋愛というのが見事に生きている。スピード結婚には少し笑った。ほほえましい。 最後もそうだが、同じ仕事をする友人との会話、事情を知らない母親と話をするところ、 夜の女となって駅で若い兵隊さんらを迎えるところ、生きて彼が帰ってきた後の友人や母との会話、 すべてが悲しい。切ない。一方で美しさにあふれている。